タイの医療事情は地域によって差が大きいのですが、主要都市の特定領域の医療水準は良好です。バンコクの代表的な私立総合病院には日本の大病院と同レベルの医療設備のものがあり、海外で医療教育を受けた優秀な医師が勤務しています。



出産や一般的な手術も安心して受けられます。

タイの病院に関して語説明します。

長期滞在者25000人というマンモス日本人社会のあるタイですから日本と同じように生活ができ、病院にもかかれると思って間違い無いでしょう。

タイには日系の医療機関もあり、周辺のアジア諸国と比べてもかなり安心して家族で赴任できます。

日本人医師の経営で日本と同水準の医療サービス、日本人通訳、事務スタッフも日本語対応可能と受付から処方まで一貫して日本語で対応してもらえます。

医療機器が日本製で安心できるほか、海外の薬は強すぎたりし日本人にはなれないものですがここではできる限り日本製の薬を出してもらえるのも安心です。

値段も高くはなく、往診も可能、来院時の送迎サービスも頼めるなど至れり尽くせりです。

もちろん治療に対する説明なども親切です。
これに対し、地方ではそれなりの私立病院があり、安心して受診できるとも言えますが、重症患者がバンコク日本に搬送された話などもありますので軽症の場合を除いてはあまりおすすめできません。


なお、国立病院はタイ人の患者で溢れかえっており、事務スタッフもタイ語しか話せない人が多いので、日本人が受診するのは簡単ではなくおすすめしません。

2012の新卒がサイトを作成しました! >>DYM2012 詳細はこちら

Copyright (C) 2016 タイの病院事情を知りたい All Rights Reserved.